control menu

img 無料公開絵本

立川志の輔師匠とお食事に行ってきました。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 もう隠したって仕方がないので、全てお話しますが、『えんとつ町のプペル』は、立川志の輔の落語を聴いて、挑戦することを覚悟した僕の自叙伝で、少年ルビッチに夢を見ること(見上げること)を教えた『ブルーノ』の声優は、立川志の輔以外考えられませんでした。

映画『えんとつ町のプペル』の制作会議の中で、少し面白い“やりとり”がありました。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 映画『えんとつ町のプペル』は、町中から「ホラ吹き者」だとバカにされ続けた「ブルーノ」(=煙突掃除屋の少年ルビッチの父親)が作った「えんとつ町のプペル」という“紙芝居(おとぎ話)”が、ストーリーの軸にありまして、映画のラストシーンでは、この紙芝居がブルーノの講談師さながらの声で読み上げられるんですね。

Copyright© Salon-free , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.