control menu

img 無料公開絵本

あらゆる議論はアパホテルの女社長の生き様を前に無力化する

サロン限定記事

昨日は「ニシノコンサルを復活させて、サロンメンバーの店のコンサル&宣伝しつつ、その収益を全額寄付する」という記事を書かせていただきました。 記事を投稿した直後から方々に連絡をし、話をまとめ、夜にはニシノコンサルの参加権を2枠だけ出して3秒で完売。 来週から『ニシノコンサル』の収録が始まります。 机上論反対。結果賛成。 もろもろソッコーで勝負を決めます。

映画公開は開始の鐘で、そこから新作をポンポン出していきます。

サロン限定記事

ここ(サロン)でしかコミットしていない方はお忘れかもしれませんが、僕は本業が別でありまして、本業を生み出す過程や、届ける過程で気づいたことを、日々、サロンで共有させていただいております。 「サロンの人」じゃないんです(^-^) 僕のメインのお仕事はエンターテイメントを作ることで、1日のほとんどの時間を『ファンタジー作品』の制作に費やしています。 これだけ殺伐とした時代に、せっせとファンタジーを作る希有な存在です。

映画『えんとつ町のプペル』に向けての決意表明

サロン限定記事

今日はチョット黒西野が出るかもしれないので、5万7000人で一斉に黙っておいて欲しいと思っているキングコング西野です。 (#Twitterで感想を呟いてもらえるのは嬉しいっす) 宣伝として、オンラインサロンに投稿した記事の「冒頭の数行」は、noteにアップしていたりするのですが、今日はセンシティブな内容なので、これより後の文章は絶対に表に出したくないです。

生業にした瞬間に「正義」になる

サロン限定記事

今日はチョット黒西野が出るかもしれないので、5万7000人で一斉に黙っておいて欲しいと思っているキングコング西野です。 (#Twitterで感想を呟いてもらえるのは嬉しいっす) 宣伝として、オンラインサロンに投稿した記事の「冒頭の数行」は、noteにアップしていたりするのですが、今日はセンシティブな内容なので、これより後の文章は絶対に表に出したくないです。

仕事人は今、「3つの問題」に直面している

サロン限定記事

提案だけして、丸投げする気マンマンのキングコング西野です。 さて。 今日は『肌が合う雇用を作る』というテーマでお話ししたいと思います。 仕事人は今、「3つの問題」に直面していると思います。 (※踏み込んだ話になるので、ここから先は絶対に口外しちゃイヤよ)

会社の悩みの9割は「集客」です。

サロン限定記事 夢幻鉄道

どうも。 今朝は、サロンの記事を後回しにして、ファミコンソフト『たけしの挑戦状』に熱狂してしまったキングコング西野です。 #人間だもの 基本、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』の記事は、投稿から一年が経過したら、自由にコピペしていただいて構わないのですが、今日は少し踏み込んだ話をするので、今日の記事は一年後も公開しないでください。

『クリエイターとお金』について

サロン限定記事 夢幻鉄道

おはようございます。 インドから帰ってきてから、ひたすら曲を作りまくっているキングコング西野こと「肩書き忘れたオバケ」です。 さて。 今日は『クリエイターとお金』について、お話ししたいと思います。 結構、踏み込んだ話をしますので、この記事は1年後も公開しないでください。

もう、それぐらいしか皆が熱狂できるもの無くね?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 昨日はずいぶんとマッチョなマーケティング記事を書いちゃったので、今日は、ボンヤリとしておりますが『時代感』を整理し、皆様と共有したいと思います。。 エンタメ業(サービス業)に就いていると、数年に一度、『ブーム』と呼ばれるものに立ち会います。 僕自身、デビューして間もなく『NHK爆笑オンエアバトル』や『エンタの神様』が火付け役となった2000年代初頭の「お笑いブーム」を経験させていただきました。

次々回作『夢幻鉄道』の2次展開を見越したデザイン

夢幻鉄道 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は午後から、みっちりと映画『えんとつ町のプペル』の会議が入っているのですが、現在制作しているのは、映画や舞台だけではなく、同時進行で絵本2作品を制作しています。 というわけで今日は、『次々回作の2次展開を見越したデザイン』というワケの分からないテーマでお話ししたいと思います。 「次々回作」というのは、うまくいけば年内中に発表できる絵本『みにくいトーマス ~えんとつ町に咲いた花~』の“次の作品(絵本)”ですね。

新作絵本『夢幻鉄道』の話をば。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 「いいね」や「再生回数」や「売り上げ」や「視聴率」など、僕や皆さんの活動(仕事)は、基本的には数字で評価されます。 ただ、その数字というのはあくまで「他人の評価」で、僕たちが気をつけなきゃいけないことは「毎回数字を追い求めてしまうと自分じゃなくなる(顔がボヤける)」ということです。 『Voicy』は再生回数(再生時間まで!)という数字がハッキリと出るのですが、やはりその数字が伸びるのは「お金の話」をした時で、だからといって毎回「お金の話」をしてしまうと僕が僕では無くなりますし、僕でなくてもいいものを発信するのが当たり前になってしまうと、僕は代替可能な人材となってしまうので、長期的に見たら大大大損失です。

『夢幻鉄道』は事件にしていこうと思います。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 一昨日の投稿で、次々回作の絵本『夢幻鉄道』を蜷川実花さんと一緒に作らせていただくことを発表しました。 『絵・蜷川実花 文・西野亮廣』という座組みなのですが、これを受けて「実花さんが絵を描くのですか?」というコメントが数件あったのですが、今回も大勢のスタッフと共に分業制で作るので、実花さんが「絵を描く」というより(指示をする時に絵は描くんだけど)、実花さんが「絵を決める」というイメージの方が近いです。

パワーゲームに持ち込め

夢幻鉄道 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は『パワーゲームに持ち込め』というテーマでお話ししたいと思います。 昨夜は、蜷川実花さんと合流して、絵本『夢幻鉄道』の制作がヤンワリとスタートしました。 絵本のコラボはタモリさん以来で、しかも今作はビジュアルパートをお任せする形(※まだナイショです)。 御一緒させていただくからには、パートナーを徹底的に(マジで徹底的に!)勝たせることはチームの総意で、裏では田村Pが暗躍し、大人を相手にオラオラ交渉をブチかましていました。 この辺は役割分担ですね(*^^*)

蜷川実花が世界を獲れない世界なんて嘘

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 忙しい方もいらっしゃるかしれないので、要約すると、「資本主義社会なので、資本作りにスケジュールを割きます」という話です。 日本でそこそこ幸せに生きていこうと思ったら、べつにそこまでこだわらないのですが、せっかくだったらエンタメで世界を獲りたいので、世界を獲る方向で話を進めると、そんな結論になりました。

結論から先に申し上げますと、先日、傑作が書けました。

夢幻鉄道 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 結論から先に申し上げますと、先日、傑作が書けました。 『夢幻鉄道』という名の作品です。 僕の「傑作」の定義は、以下の2つの条件を満たしているものです。 ①ストーリーが面白い。 ②UXデザインができている。 UXというのは「ユーザー・エクス何たら」のことで、「ユーザーの体験」とか「ユーザーの使い勝手」だと思っておいてください。 (※軽く間違っているかもしれませんが、話は通じます)

本当に、本当にイイ本が書けました。

夢幻鉄道 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 志の輔師匠と呑んでいる時に、「芸歴を重ねることで『手に入るもの』と、『失うもの』は何ですか?」という質問を投げてみたところ、「手に入るものは『編集素材』で、失うものは『執念』」と即答されました。 その後に、こんな言葉が続きます。

先日、傑作が書けました。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 結論から先に申し上げますと、先日、傑作が書けました。 『夢幻鉄道』という名の作品です。 僕の「傑作」の定義は、以下の2つの条件を満たしているものです。 ①ストーリーが面白い。 ②UXデザインができている。

Copyright© Salon-free , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.