control menu

img 無料公開絵本

可処分時間の奪い合いを辞める

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 僕のようなサービスを提供する人間は、これまでずーっと、お客さんの可処分時間(※自分の判断で自由に使うことのできる時間)の奪い合いを繰り返してきました。 最近だと「可処分精神」ですね。 「可処分精神」の説明は数日前の記事まで遡っていただけたら、そちらに詳しく書いていますので、ここではハショります。

可処分時間の奪い合い

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 エンタメは「いかにお客さんの時間を奪うか?」という競争です(ほとんどのビジネスがそうだけど)。 いわゆる『可処分時間の奪い合い』というやつですね。 人数×コミット時間で、総合計で「10分奪ったヤツよりも、10億時間奪ったヤツが勝ち」という超絶シンプルなルールです。

Copyright© Salon-free , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.