control menu

img 無料公開絵本

オンラインサロンの皆様と『キャリオク』の新CMをゼロから作ってください

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 以前、「影響力を持ったオンラインサロンは『広告代理店』になる」と予言めいた投稿をさせていただきました。 これは少し考えれば「そりゃそうだな」となる話だと思うのですが、たとえば、僕と貴方の二人で作ったCMは最低『2回』は“好意的に”観られると思います。 僕と貴方がそれぞれ1回ずつ観るから、合計2回です。 10人で作れば最低10回は“好意的に”観られるし、3万人で作れば、最低3万回は“好意的に”観られます。

コンセプトは非常に大切だけど、このコンセプトだけは選んじゃダメだよ

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は「コンセプトは非常に大切だけど、このコンセプトだけは選んじゃダメだよ」という話をしたいと思います。 僕はときどき会社のコンサルしたりするのですが、以前、とある会社から「まったく新しいフェスを作りたい」という相談を受けました。 それは主催者の『好き』を盛り込んだフェスで、「【プロレス】や【占い】や【ビジュアル系バンド】などを一気にまとめて楽しめる』といった内容でした。 仕事してコンサルをさせてもらっている手前、意見を濁しても仕方がないので、「誰も幸せにならないから、直ちに辞めた方がいい」とお伝えしました。 これはフェスの主催者に限らず、お店を経営している方や、クリエイターさんにも共通して言えることですが、『エンタメの選択肢が増えて、エンタメが細分化した時代』というのを、もう少し解像度を上げて捉えた方がいいと思っています。

YouTubeに1秒も使わない為にはどうすればいいのか?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 『西野亮廣エンタメ研究所』のYouTubeチャンネルを立ち上げて1週間が経ったので、今日は、このYouTubeチャンネルの現状報告と、改善点を皆様に共有しておきたいと思います。 https://youtu.be/hNHS1OeCJVQ まずは【数字】について。 チャンネル登録者数はチャンネル立ち上げから1週間で「2万4000人」。 YouTubeのチャンネル登録者数を増やすのは意外と簡単な印象を受けました。 少しアクセルを踏めば「20万人」ぐらいまではすぐにいくと思いますが、アクセルを踏むのはもう少し先にしようと思っています。

1億超えたら体制を作れ

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』の願ってもない有難い特典に「コメント欄」があります。 僕の投稿に対して、サロンメンバーの皆様が各々の立場から、各々の見解を述べられるのですが、Twitterのようにイタズラに挙げ足を取るようなコメントは一つもなく、建設的な意見ばかりがズラリと並んでいるのが本当に面白くて、(マジで!)毎回すべてのコメントを見させていただいております。 あざすっ!!!! そんな中、昨日の『老化する数字に踊らされるな』という記事を受けて(※昨日の記事をまだ読んでない人は先に、そっちを読んでー)、サロンメンバーの小幡祐己さん(https://www.facebook.com/yuuki.obata)から、こんなコメントをいただきました。

見るべき【数字】を見誤るな

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 『西野亮廣エンタメ研究所』の公式YouTubeチャンネルを立ち上げて1週間が経ちました。 過去にVoicyにアップした音源をYouTubeにコピペしている今回のチャンネルのテーマは、「キングコング西野の時間を1秒も使わずに運営する」です。 今朝、公式ブログの方にも少し書きましたが、どんなビジネスであろうと「目を向けなきゃいけない数字」を明確にしておいた方がよくて、YouTubeの場合は『費用対効果』を強く意識しておかないと、数年でジリ貧になっちゃうなぁという印象です。 『費用対効果』というのは、「ブチ込んだ費用に対して、どれたけの効果があったの?」という数値のことで、YouTubeの場合だと【費用】にあたるのは「配信者が動画作成に費やした時間」ですね。

YouTubeはもう勝ちが見えたので、次の挑戦に入ります。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 『西野亮廣エンタメ研究所』の公式YouTubeチャンネルが立ち上がって6日が経ち、いいかげん「答え」が見えたので、現状と今後の展開を御報告いたします。 もともと僕は『毎週キングコング』という週に1度しか更新しない手抜きチャンネル(登録者数27万人)を持っています。  以前、お話ししたとおり、そちらのチャンネルは「梶原君とコミュニケーションをとること」が目的です。

Twitterというシステムがその人をドリームキラーにさせた

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 基本的に僕は『個性』と呼ばれるものをあまり重要視していなくて、『個性』というのは『環境』がもたらしてくれるものだと思っています。 Twitter村にドリームキラーが大量発生しているのは、他人の夢を壊したり、否定したりすると、自分に何かしらのポイント(快感)が入る構造になっているからだと見ています。 ヒューマンエラーではなく、システムエラーですね。

『リーダーの歩き方(仮)』

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 公式ブログの方にも書かせていただきましたが、日本を離れて、ようやく(少しだけ)時間を作ることができたので、昨夜、「来年出版しようかなぁ」と思っているビジネス書『リーダーの歩き方(仮)』の原稿をチマチマ書いてみました。 サロンメンバーが読んでも面白いモノにしなちゃいけない(「サロンと内容がかぶってんじゃん」となったらダメ!)なので、『リーダーの歩き方』のすべてをお見せすることはできないのですが、「はじめに」の部分をサロンメンバーの皆様に公開して、「ここは、もっと、こう表現した方がいいかも」といった意見を交換し、本のテイストを固めた上で、続きを書いてみようと思うので、今日は『リーダーの歩き方(仮)』の「はじめに」を公開したいと思います。 コメント欄で、皆さんから意見をもらいながら、同時進行で書き直していきたいので、「ここは、こうした方がいいかも」という赤ペン先生的な意見をお待ちしております。

ヒーローズジャーニー

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 たとえば、「魅力的な物語を書いてください」という宿題が出されたら、どんな物語を書きますか? あれやこれやと考えて、「そりゃ、応援される主人公にした方がいいだろう」と結論し、きっとあなたは、その物語の主人公に「強力な敵」か「過酷な環境」を用意することでしょう。 主人公が勇気を振りしぼり、最後の最後には逆境に打ち勝つストーリー展開を用意されるのではないでしょうか? そういったストーリー展開を『ヒーローズジャーニー(英雄の旅)』と呼んだりします。 音楽でいうところの『カノンコード』のように、物語にも「こういう感じで物語が展開していくと、グッときちゃうよねぇ~」という“物語の黄金則”があって、ほとんどのヒット作、ほとんどの「応援される主人公」は、この『ヒーローズジャーニー』の上を走っています。

『串の名前』を一度意識してみてください。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 現在、オンラインサロン運営の他に、絵本2本と映画1本と舞台2本の制作を進めています。 細々(こまごま)としたプロジェクトを入れると、他にも、いくつかあるのですが、いずれの現場も 大体「リーダー」的なボジションに立っています。 リーダーの立ち振舞いに関しては、特に「3万人のチーム(オンラインサロン)運営」から学ぶことが本当に多くて、日々、「なるほど。こういう時は、こうすればいいんだな」の連続です。 様々なプロジェクトで思い知った 「リーダーは何をしなくちゃいけないのか?」 「リーダーは何をしちゃいけないのか?」

新作絵本『夢幻鉄道』の話をば。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 「いいね」や「再生回数」や「売り上げ」や「視聴率」など、僕や皆さんの活動(仕事)は、基本的には数字で評価されます。 ただ、その数字というのはあくまで「他人の評価」で、僕たちが気をつけなきゃいけないことは「毎回数字を追い求めてしまうと自分じゃなくなる(顔がボヤける)」ということです。 『Voicy』は再生回数(再生時間まで!)という数字がハッキリと出るのですが、やはりその数字が伸びるのは「お金の話」をした時で、だからといって毎回「お金の話」をしてしまうと僕が僕では無くなりますし、僕でなくてもいいものを発信するのが当たり前になってしまうと、僕は代替可能な人材となってしまうので、長期的に見たら大大大損失です。

フロービジネスと向き合ってみては?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 YouTubeにアップした動画の音源を抜き取って、Voicy(音声メディア)で流すのは「聴き心地」の壁によって阻まれてしまうことは分かったので、「逆に、Voicyにアップした音源をYouTubeにアップした時には、どういうメリット・デメリットがあるのだろう?」という記事を昨日投稿して、今朝、さっそくYouTubeチャンネルを立ち上げてみたキングコング西野ことスピード狂です。 そりゃ、理想は、僕がVoicyの音源を録っている現場を、カメラで撮って、YouTubeには音声ではなく動画として配信した方が価値が出るのは分かっているのですが、その環境を整えるのに少し時間がかかるのと、「クオリティーよりも、スピードだろ!」という根っからのスピード狂が発動し、まずは音声のみの配信。

音声メディアは情報(内容)よりも聴き心地の方が大事

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 Voicyをスタートして2ヶ月ほどが経ち、再生回数(時間?)ランキング1位は勿論のこと、この度、チャンネル登録者数も1位になりました。 どんなもんだい! 結果を出すことが得意なんだい! (# 突然どうした?) 今朝のブログでも書かせていただきましたし、サロンメンバーの皆様はもう僕の性格をご存知だと思いますが、僕がVoicyをやっている理由は「音声メディアってどうなんだろう? 考えても分からないから、とりあえずやってみるか」の一点で、それ以上でもそれ以下でもありません。 とりあえず2ヶ月やってみて、『音声メディアは情報(内容)よりも聴き心地の方が大事』ということが分かったことが最大の収穫で、これは、実際に自分がやってみなくちゃ分からないことでした。

「『暴走する影響力』と『チームリーダーの仕事』(後編)」

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 昨日、「来月オープンする渋谷のグッズショップでアルバイトを募集しようとした瀬戸ちゃん(学生インターン)に対して、僕が『アルバイト募集は辞めた方がいいかも』と言った理由を予想してみてください」とサロンメンバーの皆様に投げたところ、たくさんコメントをいただきました。 たちまちコメント欄は、すさまじいアイデア(理由)で埋まり、僕が持っているカードよりも強いカードをバンバン出されてしまって、これから僕が出すカードが完全にショボく(クソ真面目なことに)なってしまう事故が発生しております。 「予想してみてください」と投げた自分を全力で殴りたいです。

「『暴走する影響力』と『チームリーダーの仕事』(前編)」

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今回は少し長くなるので、今日(前編)と明日(後編)の2回に分けて、お届けしたいと思います。 【コラム】 「『暴走する影響力』と『チームリーダーの仕事』(前編)」 昨日、インターンの瀬戸ちゃん(※瀬戸ちゃんの名字は「瀬戸」ではなく「瀬戸口」らしい。「口」要らなくね?)から、「来月オープンする渋谷のグッズショップで働いてくださるスタッフをサロンメンバーさんから募集したいんですけど、いいっすか?」と訊かれ、そこでの西野の返事が秀逸だったので、サロンメンバーの皆様にも共有しておきます。 経営者や経営者を目指される方、そして、イベントなどを運営する方への参考になれば嬉しいです。

『夢幻鉄道』は事件にしていこうと思います。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 一昨日の投稿で、次々回作の絵本『夢幻鉄道』を蜷川実花さんと一緒に作らせていただくことを発表しました。 『絵・蜷川実花 文・西野亮廣』という座組みなのですが、これを受けて「実花さんが絵を描くのですか?」というコメントが数件あったのですが、今回も大勢のスタッフと共に分業制で作るので、実花さんが「絵を描く」というより(指示をする時に絵は描くんだけど)、実花さんが「絵を決める」というイメージの方が近いです。

デザインよりも“サイズ感”の方が大切

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は「デザインよりも“サイズ感”の方が大切」という話をしたいと思います。 喩えとしては、お洋服が一番分かりやすいと思うのですが、どれだけ素晴らしいデザインであっても、サイズが合っていなければ、どうにもこうにもなりません。 逆に、たとえ「チクワ」がプリントされたゴミTシャツであろうと、サイズさえ合っていれば、なんとかゴマかせます。 「デザイン(内容)<サイズ(フィット感)」というわけですね。

お店は『利益の使い方ごと』に店舗を変えた方がいいんじゃねぇの?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 これまで、僕は大きな仕事のギャラをプールしておいて(=個人の銀行口座とは別口座に入れておいて)、先日のエッフェル塔の個展などの“まとまった制作費が必要な作品”に全額ブチ込み続けてきたのですが、昨日、マネージャーの須藤君と「ん?…よくよく考えたら西野個人のポケットマネーでやってるんだから、エッフェル塔の個展の主催は『吉本興業』じゃなくて、『西野亮廣』じゃね? ふざけるなww」という話で盛り上がりました(※盛り上がるな!お金に細かい人だったら殺されてる案件だぞ!)。

Copyright© Salon-free , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.