control menu

img 無料公開絵本

可処分時間の奪い合いを辞める

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 僕のようなサービスを提供する人間は、これまでずーっと、お客さんの可処分時間(※自分の判断で自由に使うことのできる時間)の奪い合いを繰り返してきました。 最近だと「可処分精神」ですね。 「可処分精神」の説明は数日前の記事まで遡っていただけたら、そちらに詳しく書いていますので、ここではハショります。

あの夏、僕らは地球滅亡を少しだけ信じた

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 皆さんも薄っすらと気づいているかもしれませんが、僕が株式会社NISHINOの社長を辞めて(ニウエから帰ってきて)からというもの、ギアが2段階ぐらい上がりまして、ここ最近はレンガぐらいなら鼻息で吹き飛ばせるほどの熱量で暑苦しい記事を投稿させてもらっています。

意味を変えることで生まれる可能性

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 公式ブログの方でも紹介させていただきましたが、先日、田村Pが北海道の被災地に絵本を届けてくださいました。 https://youtu.be/ZrfiBrrn9-M 僕はボランティア活動もしますが、前々から言っているとおり、支援を続けていく為には体力が必要なので、長期的な支援は「ボランティア」ではなく「ビジネス」にするべきだと考えています。 今回の田村Pの活動をビジネス的な観点から見た時に、「今後の支援活動に繋がって最高だなぁ」と思ったのは、他の何でもなく『えんとつ町のプペル』を贈ってくれたことです。

『ふるさと納税』って何?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 散々、貯金を無くす活動をしてきましたが、昨日、僕個人の銀行口座に(税金の支払い文を抜いた)自由に使えるお金が1000万円ぐらいあることを知ったので、それだったら友達が買った飛行機の費用を負担して「一緒に飛行機を買った」ということにした方が面白いじゃん! というわけで、ソッコーで友達に1000万円をあげることを決めたキングコング西野です。 食いっぱぐれたら、誰か養ってください。

ディズニーランドの超えるなら、この方法じゃね?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 僕は月に1度ほど、「自分が今、20歳だったら何をするかなぁ」ということを想像します。 15年前なら起業していたと思いますが、今、起業しても、30歳~50歳で起業する人に、体力勝負で負けそうなので(資金&人脈面で分が悪すぎるので)、起業しないと思います。 「芸人なのに『ひな壇』に出ない」も似たような理由です。

今の僕の“正直な気持ち”をお伝えしたいと思います。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 「アイデアの掘り起こし方」をお伝えするところから、実際に掘り起こすまでをリアルタイムで。   前々から用意していたアイデアを出したわけではなくて、「あ!いいこと思いついた!こんなの、どう!?」と本当に現在進行形でお届けしたので、きっと僕の興奮も文章に乗っかっていたのではないでしょうか?   せっかく同じ時代に生きているのだから、綺麗にまとまった文章よりも、鼻息の荒さが聞こえてくる文章を、今後もお届けしたいと思います。 そんなこんなで、今日は少しクールダウンをして、(皆様の生活の役に立つようなノウハウ記事ではありませんが)今の僕の“正直な気持ち”をお伝えしたいと思います。

飛行機の面白い使い方

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 昨日は「買った飛行機の面白い使い方」を題材に、『アイデアの導き方』のお話をさせていただきましたが、昨日の記事を投稿後、さっそくアイデアを掘り起こせたので、今日は、そちらを皆様に共有します。 今回、まず、整理しなくちゃいけないのは、「飛行機の“何を”買ったか?」という点ですね。

被災地を支援することで金を稼いでいるよ。その方が支援が続くじゃん

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 人は、人に集まってくるので「ん? ナニナニ? 1万人を突破するサロンってどんなの?」と入会してくる方もいらっしゃると思います。 中には「『1万人のサロン』に興味があるだけで、べつに西野には興味はない」という方もいらっしゃると思います。 僕は、そういう方は大歓迎です。

まだまだお客さんに優しくできるところ

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 さて。 真面目にお仕事をしていると「可処分所得」という言葉をよく耳にします。 個人所得から、税金や社会保険料などを差し引いた残りの手取り収入(=自分の意思で自由に使えるお金)のことですね。 あらゆるお仕事は、お客さんの「可処分所得」の奪い合いをしているわけですが、 ある時、(たぶんIT業界の賢い人が)「いやいや、お客さんの『時間』さえ奪ってしまえば、そのまま『可処分所得』は奪えるんじゃね?」とか何とか言い出して、そこから「可処分時間」の奪い合いが始まりました。

Salon.jpのオーナーの選考基準はどうなってるの?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 『株式会社にしのあきひろ』は、『Salon.jp』というオンラインサロンのプラットフォームを運営しています。 現在、『Salon.jp』にサロンオーナーとして参加しているのは、けんすうサンと田村Pと僕の三人だけという弱小プラットフォームですが、田村Pのサロンは会員1000人を突破し、先日スタートした けんすうサンのサロン(アル開発室)は早くも会員600人を突破し、なんだか勢いがある感じです。 現在、次のオーナー候補として挙がっているのは、「尾原和啓さん」と「スナック『Candy』」です。

「オンラインサロン」の未来

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 薄々お気づきかもしれませんが、オンラインサロンの運営にハマっております。 言ってしまえば「『人検索』を軸にした町作り」なので、こんなに面白いエンタメは、なかなかありません。 オンライン上だけで完結させるつもりなんて毛頭なくて、オンラインで繋がった関係をオフラインに落とし込む気マンマンです。 今、ボクらは『交通』を牛耳られてしまっているので(どれだけタクシーにムカついても、やっばまりタクシーを利用してしまう)、まずは『交通』を自分達の手に取り戻そうと思います。

僕の次の肩書きは、「ゴミ処理場のオジサン」です。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 こうして毎日記事を更新していると、やはり自分の中でも「今日は良いスイングができたなぁ」と思うことがありまして、振り返ってみると海外滞在中が良いスイングかできています。 それもそのハズ、海外には『課題』がたくさん残っているんですね。 現在、僕らが向きあっている「ラオスの教育の問題」や、「フィピンの貧困問題」などです。

なぜ、キングコング西野がハチミツを輸入する会社なんぞを作ろうと思ったのか? 

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 ウンジャカンジャありまして、これから帰国します。 旅に出ると毎度何かしらの収穫があるのですが(一回の旅でメモがパンパンになる!)、今回のニウエ旅は本当に実りが多く、いろんなものを日本に持ち帰れそうです。 中でも、皆さんがホンノリと気になっているのは、「なんか、ニウエで会社を作ってたけど、あれは何!?」ではないでしょうか? はい。ニウエで会社を作りました。 

西野が高額セミナーから学んだこと

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 居酒屋の便所で相田みつをに会う度に、「うるせーよ」と思ってしまう西野です。 『名言(良いコト)を言うことが生業になっている人』が苦手で、「名言や綺麗事は分かったから、キミは何をしたヤツなの? 名言の前に、キミの代表作を教えて?」という目で見てしまいます。 「それで救われる人もいるんだから!」と反論されても、これはもう「正しい/正しくない」の話ではなくて、『ブルーチーズが苦手』といった類いの「好き嫌いの話」なので、どうしようもありません。

「『大企業病』と『オンラインサロン病』

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 けんすうサンが旗を振るオンラインサロン『アル開発室』の会員が、立ち上げ間もなく500人を突破しそうです。 https://salon.jp/alu 僕らはSNSのフォロワー数などで、数字がバカになっちゃっていますが、有料会員が500人を超えるというのは、もうメチャクチャすごいことで(だから西野もスゴイんですよ、きっと!)、最近、「オンラインサロン、オンラインサロン」と騒がれてはいますが、500人オーバーのオンラインサロンは国内でも10件ほどだと思います。

サロンを運営していく上で、持っておかなければならない要素とは

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は、ここ最近盛り上がりを見せている『オンラインサロン』についての話をしようと思います。 盛り上がりを見せているということは、当然、「どのサロンに入ろうかなぁ」という選択肢も増えたわけで、個人的には、競合が増えたことで、そろそろサロンオーナーのメッキが剥がれる時期に入ったなぁと見ています。 サロンオーナーがサロンを運営していく上で、持っておかなければならない要素とは一体何なのでしょうか?

来春は絵本の中に入ろうぜ!

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は、来春に大阪で仕掛ける個展のアイデアを“ホヤホヤの状態”で皆様に共有したいと思います。 (※グループLINEでインターンの子達には話しましたが、それ以外のスタッフさんも、この記事で「え? そんなことやるの?」と知ることになります。ごめんなさい…) 物語は、『株式会社ニシノコンサル』(AbemaTV)の収録で、大阪駅直結の巨大商業施設『LUCUA』さんの相談に乗らせてもらったところから始まります。 LUCUAさんの一日の入館客数は20万人。 国内最大級の超大型商業施設です。

「リーダーの仕事」って一体何なの?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 リーダーがクリアしなければならない問題は、『集客』『スタッフ集め』『資金繰り』など様々ありますが、これらを効率的にクリアする為の「リーダーの仕事」は、『“買い時の株”になるコト』だとボクは考えています。 少しボンヤリした表現なので、具体例を挙げると……

Copyright© Salon-free , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.