control menu

img 無料公開絵本

立川志の輔師匠とお食事に行ってきました。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 もう隠したって仕方がないので、全てお話しますが、『えんとつ町のプペル』は、立川志の輔の落語を聴いて、挑戦することを覚悟した僕の自叙伝で、少年ルビッチに夢を見ること(見上げること)を教えた『ブルーノ』の声優は、立川志の輔以外考えられませんでした。

「上を見ろ」

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 イイコトばっかり言っていたら、セミナーみたいな空気になっちゃうので、今日は、皆さんにとっては何の役にも立たない僕の個人的な話をしたいと思います。 とてもミーハーで、とても素人臭くて恥ずかしい僕の一面ですが、ここを知っていただけると映画『えんとつ町のプペル』が、より楽しめるかと思います。

ミュージカル『えんとつ町のプペル』は何を見せるか?

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 「戦略」は勿論のこと、ボクはサロンメンバーの皆様にもっともっと「想い」を語っていかなきゃいけないなぁと思う今日この頃。 ボクは25歳の頃にテレビの世界で負けたわけですが、こんなボクなんかを応援してくださる人がいる以上、さすがに2連敗はできないので、敗戦後すぐに軌道修正に入り、エンタメの世界戦へと続いているルートを探り、今に至ります。 もちろん狙うは「世界のエンターテイメント」で、そこに繋がらないようなアクション(時間の使い方)は、極力やらないようにしています。

さて、その「武器」とは一体何なのでしょうか?

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 『にしのあきひろ光る絵本展in東京タワー』が好評です。 さすが東京タワーで、一日8000人~10000人ほど御来場いただいており、その半分近くが外国人のお客様ですので、「海外で個展をやる時より、海外の方に観ていただいている」というヘンテコなことになっております。 少し変な話、『にしのあきひろ光る絵本展in東京タワー』は海外向けのアクションで、『にしのあきひろ光る絵本展inエッフェル塔』は国内向けのアクションです。

オンラインサロンのコンテンツの一つが「過程を共有できる」だとするならば、

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 2020年の冬公開予定の映画『えんとつ町のプペル』は、どう考えても西野亮廣史の天王山で、ここを落とすと「エンタメで世界を獲る」という未来はやってこないでしょう。 「絶対に負けられない戦い」というやつです。 オンラインサロンのコンテンツの一つが「過程を共有できる」だとするならば、映画『えんとつ町のプペル』こそ、制作過程や、その瞬間瞬間の僕の想いを共有すべきだと考えていて、ビジネスのノウハウなんかよりも、コッチ(=映画『えんとつ町のプペル』の制作過程を共有する)の方が遥かに希少価値が高いと思っています。 その辺に転がってるビジネス書を読むよりも、ジョージルーカスが、「今、『スター・ウォーズ』という映画を作っていて、その中で、ダース・ベイダーという敵キャラを作ろうと思うんだけど、ボディーは何色がいいと思う?」と制作過程を共有してくれた方が興奮するじゃん!

ザックリ説明すると、映画『えんとつ町のプペル』は………

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 おはようございます。 社長をヤン君に任せることを決めて、クリエイターに専念することを決めた途端に、「あんなヤツとは仕事しない!」「ムカつく!帰る!」と、タガが外れたようにワガママ糞人間になってしまったキングコング西野です。 さて。 クリエイターに専念することを決めた記念に、今日は、今の僕の頭の中にある物語を皆様に共有したいと思います。 2021年に出そうかなぁと思っている絵本の構想(プロット)です。 ご存知の方も多いかもしれませんが、絵本『えんとつ町のプペル』(40万部突破)は、映画『えんとつ町のプペル』の“チラシ”で、『えんとつ町のプペル』という物語の一部しか描いていないどころか、そもそも主人公すら登場していません。 『えんとつ町のプペル』の主人公は、煙突掃除屋の少年の父親の「ブルーノ」です。 (※こちらは映画のプロローグ) https://gamp.ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12392720861.html

今後、こんなことをやっていくかもよー。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は「役に立つ話」ではなく、「頓挫するかもしれないけど、今後、こんなことをやっていくかもよー。可能だったら、ご一緒しようねー」という話をしたいと思います。 大きく3つです。 ①つ目はミュージカル『えんとつ町のプペル』の話。 実は今夜、元・劇団四季の方で、これからニューヨークでミュージカルを計画されているサロンメンバーの方と会議があります。 彼はアメリカ在住ですので、電話会議です。

映画『えんとつ町のプペル』の制作会議の中で、少し面白い“やりとり”がありました。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 映画『えんとつ町のプペル』は、町中から「ホラ吹き者」だとバカにされ続けた「ブルーノ」(=煙突掃除屋の少年ルビッチの父親)が作った「えんとつ町のプペル」という“紙芝居(おとぎ話)”が、ストーリーの軸にありまして、映画のラストシーンでは、この紙芝居がブルーノの講談師さながらの声で読み上げられるんですね。

今日は映画『えんとつ町のプペル』の会議がありました。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は映画『えんとつ町のプペル』の会議がありました。 映画製作の裏側が覗けるのもこのサロンの魅力の一つだと思うので、「今、こんな感じですよー」という進捗状況をお伝えします。 今は、『脚本(最終稿)』執筆が終わり、『絵コンテ』が全て描き終わり、いよいよアニメーションの制作をスタートさせようとしているところです。

昨日・一昨日から引っ張っておりました『宿泊施設』のお話です。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 昨日・一昨日から引っ張っておりました『宿泊施設』のお話です。 『えんとつ町のプペル美術館』をランドマークとした町作りは、スーパー銭湯『湯櫻(ゆざくら)』のオープンで一気に士気が上がり、分かりやすく、周辺の土地の値段も上がっています。 ベッドタウンとして栄えた兵庫県川西市は今、「帰る町」から「行く町」へのアップデートを求められているわけですが、残念なことに、川西にはホテルが一軒もありません。 『えんとつ町のプペル美術館』やアレやコレやのコンテンツで、お客さんを川西に呼んでも、夜には大阪のホテルに帰ってもらわなくちゃいけなのです。 『湯櫻』は24時までやっているのですが、終電のことを考えたら、そんな時間までお湯に浸かっていられません。

『えんとつ町のプペル美術館』を中心にデザインした町を作っています。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 当初、「町を作る!」と言ったときは、鼻で笑われたりもしましたが、美術館の土地を購入したり、それこそスーパー銭湯『湯櫻(ゆざくら)』のオープンなどもあって、「あれ? こいつ、マジで町を作っちゃうんじゃない?」という雰囲気になってきました。 自分のことを「リーダー」と呼んでしまうのも恐れ多いですが、リーダーの役割というのは「いけるぞ」という雰囲気を作ることで、「どうせ無理」と思っているチームと、「いけるぞ」と思っているチームとでは、モチベーションが全然違って、当然、パフォーマンスも変わってきます。

演劇の民主化

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 『えんとつ町のプペル』のメガヒットの要因の一つに、著作権をナアナアにして、誰でもかれでも二次利用できるようにして、お客さんが『えんとつ町のプペル 光る絵本展』を開催できるようにしたことがあったと思うのですが、あれなんてまさに“クリエイティブの民主化”で、「プロが囲い込む時代でもない」を象徴する出来事だったように思います。 「クリエイティブをいかにお客さんに明け渡して、それでいて、いかにクオリティーを担保するか?」というところが今は求められていて、LEGOやプラモデルやパズルのようなパッケージを発明した表現者が勝つんだろうなぁとボンヤリ考えています。

何か素敵なフレーズがあったら、アイデアをください。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 映画『えんとつ町のプペル』の公開を来年に控え、せっせと働いています。 先日の打ち合わせで音楽の話になったのですが、よくよく聴いてみると、絵本『えんとつ町のプペル』の時に作った曲が、「やっぱり、あらためて結構良いぞ!」と盛り上がりまして、劇中、もしくはエンディングで採用しちゃおうかしら…となりました。 ただ劇中で使うには、歌詞に問題がありまして、「♪いつか煙の上にボクを連れていってよ」というフレーズがあるのですが、劇中だと、まだストーリーは、そこまで進んでいないんですね。

とにかく巨大な時計台を作るよ

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今、僕の故郷・兵庫県川西市に『えんとつ町のプペル美術館』を作っているのですが、そこから車で7~8分のところに、50メートルぐらいの時計台を作ってやろうと密かに企んでいます。 『チックタック ~約束の時計台~』に出てくる巨大な木の時計台です。 どれだけ時代が経っても絵本は古くならないし、ヒット作(ある一定のラインを越えた作品)は、子供が生まれる以上、重版がかかり続けるので、絵本をベースに“町おこし”をすれば、一過性の集客ではなく、「ずーっと来ていただける町」になるなぁと思って、こんな活動をしています。

「目新しいモノ」ではなく、「普遍的なモノ」をコンテンツの軸におきましょう!

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 先日、『えんとつ町のプペル美術館』のメインホールの内容について投稿させていただきました。 (※まだ読まれていない方は記事を遡ってください) もちろん『えんとつ町のプペル美術館』のコンテンツはあれだけではありません。 メインホールの手前にもいくつかコンテンツを用意しようと思っています。

小説『えんとつ町のプペル』のプロローグ

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 小説『えんとつ町のプペル』を執筆中です。 アトリエで一人で黙々と書いて、“完成させたもの”を皆様に届けるのは、僕が作るエンタメのルールと反するので、執筆中の小説『えんとつ町のプペル』の原稿(※以前、ブログに投稿したものから、また変わっています)をサロンに投稿して、

今日は『えんとつ町のプペル美術館』のお話です。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は『えんとつ町のプペル美術館』のお話です。 ピカソとかゴッホとかダヴィンチとかも結構頑張っているのですが、僕らが作るからには当然、彼らよりも面白いモノを作らねばなりません。 そこで、まず、「『親』が一番面白がる絵は何か?」を考えてみました。

今日は『えんとつ町のプペル美術館』関連のお話です。

えんとつ町のプペル 西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は『えんとつ町のプペル美術館』関連のお話です。 今年5月、兵庫県川西市の山奥のお寺に3万人以上を動員した『チックタック ~光る絵本と光る満願寺展~』は、言ってしまえば『えんとつ町のプペル美術館』建設を地元の方に応援してもらう為の布石であり、地元の皆様に「兵庫県の田舎町でも頑張ったらいけるかも」と思ってもらう為の後押しであり、おかげ様で、今、『チーム川西』が一丸となっております。

Copyright© Salon-free , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.