control menu

img 無料公開絵本

副業に関するユニークな出来事

西野亮廣の考え方

現在、海外在住のサロンメンバーの皆さんにご協力いただきながら、絵本の海外出版の話を進めています(※すでに数件決定しました!)。 そういった海外出版の交渉に入る時に必ず調べられるのが「西野亮廣が何者であるか?」です。 作品の力だけでなく、作者の人物像&影響力も出版するか否かの判断材料になってくるんですね。 ビジネスなので当然の話です。 過去の実績に関してはなかなかイイ感じのものをお見せできるのですが、どうにもこうにも伝わらないものがあります。

小説「えんとつ町のプペル」

西野亮廣の考え方

今年は映画「えんとつ町のプペル」が公開になるのですが、そこに合わせて小説「えんとつ町のプペル」を出そうと思っております。 どうせ僕のパソコン上で文章を組み立てていくのであれば、皆さんと一緒に小説の編集作業をして、一緒に作品を育てた方が面白そうです。 ということで今日は、小説「えんとつ町のプペル」の「プロローグ」と「第一話」を共有し、サロン内で編集作業を進めたいと思います。 「ここは、こういう言い回しにしてみては?」という提案があれば、コメント欄までお願いします。 w

薄利多売からの脱出

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事   西野亮廣エンタメ研究所 無料公開Salon-free スポンサー様募集 6月15日 ━━━━━━━━━━━━━ おはようございます。 挑戦する人の背中を後押し ...

どうして西野はお金を出すのか?

西野亮廣の考え方

昨日、「僕がサロンメンバーさんの店に出資をして、売り上げの3%を貰って、そこで貰ったお金(全額)で絵本を買って、子供達にプレゼントする」という話をさせていただきました。 「キングコング西野がサロンメンバーさんの店を宣伝すればするほど、サロンメンバーさんの店が潤って、結果、子供達に贈れる絵本が増える」という流れです。 この話を受けて、次のような疑問を持たれた方がいらっしゃいました。 「売上の3%を受けとるかわりに、ガチインフルエンサーの西野が店の宣伝をしているのだから、そこで取引は成立しているハズ。西野が100万円を出資する必要なくない?」

貯金をしないことで有名な西野さん

西野亮廣の考え方

たとえば大きな個展や、たとえば美術館建設など、まとまった予算(制作費)が必要になってくる局面は当然あります。 そういったお金とはシビアに向き合っているのですが、いわゆる贅沢(浪費)の類には一切興味が無く、年収と食費の落差は人類No.1を誇っております。 「老後に備えて貯金しておく」という概念もなく、個人の銀行に入ってきたお金は積極的に投資&寄付をします。 それによって自分の財産が目減りしたとも思っていません。 ラオスに小学校を寄付させていただきましたが、それがキッカケとなりセトちゃん(新入社員)のスイッチが入り、「ラオスの森を買って、雇用を作る!」という話に発展しています。 また、それがサロン記事のネタにもなります。

サロンメンバーと進める世界戦略

西野亮廣の考え方

才能ウンヌンカンヌンは一旦抜きにして、今現在、「エンターテイメントに触れている時間」は、日本では僕が一番長いと思います。 平均して1日20時間ほど、絵か、映像か、音楽か、文章に触れています。 僕の才能やセンスが全くなかったとしても、さすがにこれだけ触れていると、提出された仕事がダメダメだった場合…

【超現代版】マーケティングとの向き合い方

西野亮廣の考え方

新型コロナウイルスが僕らに贈ってきたメッセージは「もっと繋がれ」であり、『ファンがいないサービスは死ぬ』という結果を明らかにしました。 これはそのまま20年代を生き延びるルールで、僕らはもっともっと『ファン』というものと向き合わなければなりません。

『信用』で削減できる工数

西野亮廣の考え方

先日、新入社員やインターン生から少し面白い話を聞かせてもらいました。 彼らは今月の頭に「オンライン講演会」をそれぞれ開催したのですが、チケット販売から、出演&配信の全てを、各自一人で担当してもらったんですね。 その時々の仕事に発生する痛みを知ってもらう為です。

個人的にはとっても興奮した発見

西野亮廣の考え方

子供の頃、一番身近にあったクラッシック音楽は『カノン』(パッヘルベル)でした。 卒園式や卒業式などで使われていた記憶があります。 『カノン』がここまで広がった背景には、「曲のキャッチーさ」もさることながら、「著作権がフリー」という理由もあると思っています。 もし、『カノン』を利用する度に、逐一、料金を支払わなきゃいけない制度があったら、きっと『カノン』は、ここまで普及していなかったでしょう。 ここで、「著作権」について少し説明させていただきます。

絵本の海外展開について

西野亮廣の考え方

今年、世界中を襲った新型コロナウイルスは、あらゆる影響をもたらしました。 100年に一度の嵐の中、「どうハンドリングしていくか?」がリーダーの腕の見せ所で、経営者や個人事業主の資質がこれまで以上に問われています。 テーマ「逆手にとる」と「損切り」の2つ。 『革命家』と呼ばれているぐらいですがら、西野から聞きたいのは「逆手にとる話」ですが、ディフェンスを固めないとオフェンスに体重が乗りませんし、ブレーキの精度を高めておかないと、アクセルをベタ踏みできません。

夢の印税生活?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事   西野亮廣エンタメ研究所 無料公開Salon-free スポンサー様募集 6月7日 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ おはようございます。 昨日、二ヶ月ぶり ...

今日は、少し「ゾッ」とする話をしたいと思います。

西野亮廣の考え方

僕のサロン活動の根幹には「みんなで世界を獲る」があります。 クリエイターや、経営者だけでなく、専業主婦の方とも「エンタメの世界戦の景色」を共有することを大前提として今日もエンヤコラ頑張っております。 今はコロナちゃんの影響で移動が制限されていますが、コロナが明けたら、また国内外を飛び回って、各地のサロンメンバーさんと呑んで、「あーだ、こーだ」と言うつもりです。

サロンメンバーに印税を分配する

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事   西野亮廣エンタメ研究所 無料公開Salon-free スポンサー様募集 6月5日 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ おはようございます。 過去に「東京は都会 ...

もっとサロンメンバーと仕事をしていこうと思います

西野亮廣の考え方

映画『えんとつ町のプペル』の制作の進捗状況を共有しておきたいと思います。 昨日は声優さんのキャスティング会議がありました。レコーディングのスケジュールは8月とのことで、「いよいよだなぁ」といったところ。 昨日の会議を受けて、これから各声優さんにオファーを出させていただくのですが、現時点で決定しているのは(※これはナイショですよ)、煙突掃除屋の少年「ルビッチ」のお父さんである「ブルーノ」役の声です。

NORA美容室から学ぶ2020年代の生存戦略(後編)

西野亮廣の考え方

「100年に一度のウイルスに襲われた経験」が僕らを強くしてくれることは間違いありません。 ただし、『そこから学んだ者に限り』です。 ダイヤモンドプリンセス号の政府の対応を見た時に(2020年2月)、新型コロナウイルスが感染拡大し、日本中から『移動』が奪われることを確信しました。

NORA美容室から学ぶ2020年代の生存戦略

西野亮廣の考え方

(僕を含めた)すべてのサービス提供者さんに心当たりがある内容だと思います。 長くなりそうなので、今日と明日で「前編/後編」に分けてお届けします。 前編は、若干、短いですが、区切りの良いところが、そこなので、御理解ください。

挑戦(応援)を続けるフレームワーク

西野亮廣の考え方

たとえば、僕が『雪だるまを作りたいヤツ』で雪だるまを作ったら、そのアクションはAとDの円が重なっている場所に位置します。 この場合の『自分の取り分』は、「作りたいものが作れて満足した」程度でしょう。 僕らが日常生活でやっていることは、大体、ココだと思います。 もし僕が『イイ感じの雪だるまを作る能力があって、雪だるまを作りたいヤツ』で雪だるまを作ったら、そのアクションはAとBとDの三つの円が重なっている場所に位置します。

Copyright© Salon-free , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.