control menu

このサイトは日本最大級のオンラインサロン
「西野亮廣 エンタメ研究所」の1年前の記事を無料で公開しています。
※こちらに掲載されている内容は1年以上経過した記事です。

オンラインサロンとは何か?
どんな内容なのか?
入会する前に不安な方はこちらをご覧ください。
サロンメンバーの方も過去記事を簡単に見られます。

Salon-free 西野亮廣エンタメ研究所 サロンメンバー T's Design

img

新着記事

相手目線の面接

けんすう「アル開発室」

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 相手目線の面接 というので、西野さん先日の投稿を見て思ったのですが・・・。 割とみんな「選ばれる側の目線」で行動をしてしまうな、というのがあります。例えば、就職活動などで話していて「この人、選ばれる側の目線だな」と感じることはよくあります。

『夢幻鉄道』は事件にしていこうと思います。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 一昨日の投稿で、次々回作の絵本『夢幻鉄道』を蜷川実花さんと一緒に作らせていただくことを発表しました。 『絵・蜷川実花 文・西野亮廣』という座組みなのですが、これを受けて「実花さんが絵を描くのですか?」というコメントが数件あったのですが、今回も大勢のスタッフと共に分業制で作るので、実花さんが「絵を描く」というより(指示をする時に絵は描くんだけど)、実花さんが「絵を決める」というイメージの方が近いです。

デザインよりも“サイズ感”の方が大切

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は「デザインよりも“サイズ感”の方が大切」という話をしたいと思います。 喩えとしては、お洋服が一番分かりやすいと思うのですが、どれだけ素晴らしいデザインであっても、サイズが合っていなければ、どうにもこうにもなりません。 逆に、たとえ「チクワ」がプリントされたゴミTシャツであろうと、サイズさえ合っていれば、なんとかゴマかせます。 「デザイン(内容)<サイズ(フィット感)」というわけですね。

お店は『利益の使い方ごと』に店舗を変えた方がいいんじゃねぇの?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 これまで、僕は大きな仕事のギャラをプールしておいて(=個人の銀行口座とは別口座に入れておいて)、先日のエッフェル塔の個展などの“まとまった制作費が必要な作品”に全額ブチ込み続けてきたのですが、昨日、マネージャーの須藤君と「ん?…よくよく考えたら西野個人のポケットマネーでやってるんだから、エッフェル塔の個展の主催は『吉本興業』じゃなくて、『西野亮廣』じゃね? ふざけるなww」という話で盛り上がりました(※盛り上がるな!お金に細かい人だったら殺されてる案件だぞ!)。

正式発表したいと思います。

サロン限定記事

おはようございます。 『よしもとブサイクランキング』で梶原君が堂々の第3位にランクインしたので朝から祝杯をあげているキングコング西野です。 (喜びの声→https://voicy.jp/channel/941/62055) さて。 今日は、前々からチョコチョコお話ししていましたが、サロンメンバーの皆様(※まだ外では言わないでね)に正式発表したいと思います。

もしも私が副業を始めるなら何にする?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は自戒を込めて、『西野亮廣エンタメ研究所(株式会社NISHINO)』が向き合わなくちゃいけないことについて書かせていただこうと思います。 サロンメンバーの皆様におかれましては、文章の部分部分を切り取って、どうにか自分事として落とし込んでみてください。 「日本の片田舎であろうが、エッフェル塔であろうが、僕たちが提供するエンターテイメントはクオリティー面でブッちぎる」というのは大前提で(議論するまでもない当たり前の話で)、その上で、僕らは『予算』の問題から逃げてはいけません。

仕事がデキる人は、確実にここを押さえています

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 昨日、ネルケプランニング主催の舞台『えんとつ町のプペル』が決定・発表された裏で、オンラインサロンの中では、ブロードウェイミュージカル『えんとつ町のプペル』の詳細が発表されました。 ブロードウェイ版の舵をとるのは、元・劇団四季の小野巧司さん。 そして昨日、小野さんから投稿された記事の中で「スタッフ募集」のお知らせがありました。 クリエイターさんが本当に多いサロンなので、さっそくコメント欄ではたくさんの手が挙がったわけですが…頼もしい反面、「勿体ないな」と思ったことがありました。

「何をシェアしたいか?」から「誰とシェアしたいか?」の時代に

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 オシッコが漏れそうなので、前置きをスッ飛ばして、いきなり本題に入りますが、家や車が高い理由は、「家や車に稼がせていないから」です。 400万円の車が年間に100万円稼いでくれたら、車は『うまい棒』より安くなります。 その思想を形にしたのが、エアビーやカーシェアといった『シェアリングエコノミー』です。 「よくよく考えたら、家とか車って、使っていない時間が多いから、そこを有料で貸し出しちゃおうぜ」というアレですね。

上品にあやかるという話

けんすう「アル開発室」

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 上品にあやかるという話 というわけで、あらためまして、西野さんのサロンに寄生しまくって、コバンザメだとTwitterで叩かれているけんすうです。 ありがとうございます。そのとおりです。 というので、先日の西野さんの「これからは上手にあやかる(寄生する)のが大事だ」という投稿、素晴らしかったですね。

img

img

オンラインサロンとは 詳細はこちら img

img

人気記事

西野亮廣 エンタメ研究所 2000万円事件勃発!

2020年04月22日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 『西野亮廣エンタメ研究所』は、もともと数百人のコミュニティーで、決済や入退会の作業を「システム運用(=ロボット)」ではなく「手運用(=根性)」でやっていたんですね。 ですが、2018年に僕のスイッチが猛烈に入っちゃって、突然「サロンメンバー5000人!」を掲げて走り出してしまったわけです。 結果、それが「2万4000人」になるわけですが、ウン千人やウン万人になってくると、人間の根性で管理するのが無理になってきて、実は、この裏で、「ここは◯◯さんに任せよう」「ここはシステムで乗りきろう」という交通整理がおこなわれたのですが、そこで大変な事故が見つかりました。

被災地を支援することで金を稼いでいるよ。その方が支援が続くじゃん

2020年09月13日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 人は、人に集まってくるので「ん? ナニナニ? 1万人を突破するサロンってどんなの?」と入会してくる方もいらっしゃると思います。 中には「『1万人のサロン』に興味があるだけで、べつに西野には興味はない」という方もいらっしゃると思います。 僕は、そういう方は大歓迎です。

吉本興業の大崎会長のインタビューが話題になっております。

2020年07月16日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 このインタビューを受けて報道番組や何やらで、吉本芸人が「ナアナアでやってきた時代もあったかもしれないが、今は、(口頭ではなく)キチンと契約書を用意するべきだ!」と非難していましたが、もう少し冷静になって、「ナアナア」と言われる『吉本興業』という環境がどれだけ恵まれているかを知った方がいいと思います。 僕の友人で、「キチンと書面で契約を結んでいる事務所」に所属しているタレントがいるのですが、「クラウドファンディング」一つも自分の意思で始めることができません。 当時交わした契約書にクラウドファンディングに関する記載がないものですから、“クラウドファンディングをしようと思ったら、契約変更の手続きをしなきゃいけないんです。”

どのルートを辿ってエンタメの世界を獲ろうとしているか

2020年07月31日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 まず、当たり前の話ですが、エンタメの王様であるディズニーを超える気であるならば、ディズニーよりも早いスピードで成長しなくてはなりません。 ところが、「マーベル」や「フォックス」を次々に買収していくディズニーの成長スピードは、もう、とんでもねぇことになっています。 https://www.buzzfeed.com/…/disney-hollywood-20th-century-fo… ここに挑むのは大変ですが、でも面白そうだから、挑んで勝ちきっちゃう方向で話を進めてみましょう。

“「役に立つ」と「意味がある」の話”(by 山口周)

2020年07月04日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 先日、けんすうさんが紹介してくださった“「役に立つ」と「意味がある」の話”(by 山口周)は、本当に示唆に富んだ内容で、今後のビジネス界隈では、藤原和博さんの「三角形のクレジットの話」ぐらい引用されるんじゃねぇかなぁと思っています。 https://www.amazon.co.jp/…/ref=cm_sw_r_tw_awdo_c_x_J4thDbF2… けんすうサンの先日の記事を読まれていない方は、是非、タイムラインを遡っていただきたいのですが、要するに、「『役に立つモノ』はNo.2以下は生き残れないので(必要ないので)、とっとと『意味があるモノ』を目指した方がいいんじゃねぇの?」という話ですね。

僕がテレビから軸足を抜いた25歳の時

2020年08月09日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 いろんな書籍やインタビューで語らせていただいていますが、僕がテレビから軸足を抜いた25歳の時(当時25歳)に受けた衝撃はとても大きくて、あの日の判断が今日に至ります。 あれは「テレビが用意してくれた競争に参加してもNo.1にはなれない」という現実を受け入れた日で、「では、どうすればエンタメの世界でNo.1になれるのか?」を本当の意味で初めて考えた日でもありました。

img

img

週に1度、無料公開された内容をまとめて
メルマガでお届けします
詳細はこちら img

img

おすすめの本

img

Copyright© Salon-free , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.