control menu

このサイトは日本最大級のオンラインサロン
「西野亮廣 エンタメ研究所」の1年前の記事を無料で公開しています。
※こちらに掲載されている内容は1年以上経過した記事です。

オンラインサロンとは何か?
どんな内容なのか?
入会する前に不安な方はこちらをご覧ください。
サロンメンバーの方も過去記事を簡単に見られます。

Salon-free 西野亮廣エンタメ研究所 サロンメンバー T's Design

img

新着記事

あらためて『資本』について考えています。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 ここ最近、あらためて『資本』について考えています。 (※以前、似たような話をしましたが、もう少し解像度を上げて、お話します) 説明するまでもないですが、『資本』というのは、品の無い言い方をすると「お金を生んでくれるモトとなるもの」のことです。 ちなみに、僕たち芸人の『資本』は『身体』です。 資本となる身体を削って、パフォーマンスを披露し、お金を頂いております。

渋谷センター街に出すグッズショップ

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 昨日の「渋谷センター街に出すグッズショップ」のお話の続きです。 木下優樹菜さんのお姉さんとの『タピオカ屋』は冗談として、ぶっちゃけ……渋谷センター街にオリジナルグッズのお店を出せるのはとても有難い話ですが、その店の売り上げ(集客)をコンスタントに出し続けていくことは極めて難しいと思っています。 大前提として、「ファングッズ」を販売するお店にしてしまった時点で、ファンがグッズを買い切ってしまったところで売り上げは打ち止めとなるので、ゲームオーバーです。 もちろん新商品を開発&追加し続ければ、そこそこ誤魔化しが効くかもしれませんが、どっこい、シーズンごとに買い替える『洋服』ならまだしも、少なくとも僕は『グッズ(モノ)』をコンスタントに買い続けようとは思いません。

渋谷センター街にオリジナルグッズのショップをオープン

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 「圧倒的な虚構を作る」と鼻息を荒げているそばから、ゴリゴリのビジネスのお話です。 御存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、僕は「信用」というものを何よりも重視しておりまして、たとえば、壱岐島(長崎県)にお邪魔した時に、地元の子供達がダンスで迎えてくれて(きっと、たくさん練習してくれたんでしょ?)、このまま「恩を受け取りっぱなし」というのも気持ちが悪いので、直後に、ウン倍にしてお返しすることを決めました。 この時は、島の子供達全員に絵本を2500冊ほどプレゼントさせていただきましたよ。

3ヶ月で『圧倒的な虚構』を作ります。

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 昨日の記事では、「『リアル』と『虚構』の需要が振り子のように揺れて、ここからは『圧倒的な虚構』が価値を持ち始めると思うよ」という話をさせていただきました。 というか、そもそもグローバルで考えた時に、「日本のタレントのリアル」は片田舎の言語なので、その言葉を使用する以上、海の外へは出られません。 やはり世界共通言語は、非言語もしくは、吹き替え翻訳のハードルが低い『虚構』ですね。

西野がビジネス書から遠ざかっている理由

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 昨日、とあるモデルさんが「オンラインサロンをやりたい!」と言っていたので、「だったら、『CM女王』(お金を貰ったら、何でも宣伝する人)をやって、信用を落としている場合じゃないですよ」とアドバイスしたところ、SHOWROOMの前田さんが、 「昔はステージの上は嘘の世界だったので、『ステージの上のキャラをやってまーす』で嘘が許されたけど、今はステージの上でも『本人』をやらないと『嘘つき』扱いされるようになった」 と言葉を添えてくださって、なるほどなぁと思いました。

オンラインサロンの災害対策

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は、いつものような投稿は一旦お休みして、今後の『オンラインサロンの災害対策』について、お話しさせていただこうと思います。 まず初めに、今回の台風19号の被害に遭われた方々に、心からお見舞い申しあげます。 そして、昼夜問わず復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

「生き残る町作り」について

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は「生き残る町作り」について、僕が考え、少しずつ実行しているお話を皆様に共有したいと思います。 尾原さんのサロン(https://salon.jp/obara)で投稿される10分動画が神回連発なので、ビジネスやコミュニティーに興味がある方は是非覗いていただきたいのですが、先日、その動画の中で『キックスターターの悲劇』が紹介されていました。

走るスナック『Candy』」は誕生するのでしょうか?

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は「タメになる話」ではなく、書き留めていたアイデアメモを読めるように加工して、皆さんに共有したいと思います。 先日、香川県で開催された講演会の打ち上げで(※打ち上げの参加は講演会のオプションではありません。。)、飲食店を経営している主催者さんから「飲酒検問が厳しくなってから、香川の居酒屋の集客(売り上げ)が落ちているんです。そんな中、僕、『スナックCandy香川店』を出したいんですけど、どうしたもんですかね?」というを相談を受けました。

情報は常に最適化されている

西野亮廣の考え方

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 今日は「情報は常に最適化されている」というテーマで、(うまく言語化できるか分かりませんが)お話ししたいと思います。 先週、『手取り14万。日本終わってますよね?』が少しバズりました。 多くの人が賛同する中、「お前が終わってんだよ」と“自己責任論”を展開し、大炎上をしたホリエモン。 さすが、ホリエモンは今日もホリエモンです。好きです。 この件について僕の見解を少しだけお話しすると…

img

img

オンラインサロンとは 詳細はこちら img

img

人気記事

西野亮廣 エンタメ研究所 2000万円事件勃発!

2020年04月22日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 『西野亮廣エンタメ研究所』は、もともと数百人のコミュニティーで、決済や入退会の作業を「システム運用(=ロボット)」ではなく「手運用(=根性)」でやっていたんですね。 ですが、2018年に僕のスイッチが猛烈に入っちゃって、突然「サロンメンバー5000人!」を掲げて走り出してしまったわけです。 結果、それが「2万4000人」になるわけですが、ウン千人やウン万人になってくると、人間の根性で管理するのが無理になってきて、実は、この裏で、「ここは◯◯さんに任せよう」「ここはシステムで乗りきろう」という交通整理がおこなわれたのですが、そこで大変な事故が見つかりました。

被災地を支援することで金を稼いでいるよ。その方が支援が続くじゃん

2020年09月13日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 人は、人に集まってくるので「ん? ナニナニ? 1万人を突破するサロンってどんなの?」と入会してくる方もいらっしゃると思います。 中には「『1万人のサロン』に興味があるだけで、べつに西野には興味はない」という方もいらっしゃると思います。 僕は、そういう方は大歓迎です。

吉本興業の大崎会長のインタビューが話題になっております。

2020年07月16日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 このインタビューを受けて報道番組や何やらで、吉本芸人が「ナアナアでやってきた時代もあったかもしれないが、今は、(口頭ではなく)キチンと契約書を用意するべきだ!」と非難していましたが、もう少し冷静になって、「ナアナア」と言われる『吉本興業』という環境がどれだけ恵まれているかを知った方がいいと思います。 僕の友人で、「キチンと書面で契約を結んでいる事務所」に所属しているタレントがいるのですが、「クラウドファンディング」一つも自分の意思で始めることができません。 当時交わした契約書にクラウドファンディングに関する記載がないものですから、“クラウドファンディングをしようと思ったら、契約変更の手続きをしなきゃいけないんです。”

どのルートを辿ってエンタメの世界を獲ろうとしているか

2020年07月31日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 まず、当たり前の話ですが、エンタメの王様であるディズニーを超える気であるならば、ディズニーよりも早いスピードで成長しなくてはなりません。 ところが、「マーベル」や「フォックス」を次々に買収していくディズニーの成長スピードは、もう、とんでもねぇことになっています。 https://www.buzzfeed.com/…/disney-hollywood-20th-century-fo… ここに挑むのは大変ですが、でも面白そうだから、挑んで勝ちきっちゃう方向で話を進めてみましょう。

“「役に立つ」と「意味がある」の話”(by 山口周)

2020年07月04日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 先日、けんすうさんが紹介してくださった“「役に立つ」と「意味がある」の話”(by 山口周)は、本当に示唆に富んだ内容で、今後のビジネス界隈では、藤原和博さんの「三角形のクレジットの話」ぐらい引用されるんじゃねぇかなぁと思っています。 https://www.amazon.co.jp/…/ref=cm_sw_r_tw_awdo_c_x_J4thDbF2… けんすうサンの先日の記事を読まれていない方は、是非、タイムラインを遡っていただきたいのですが、要するに、「『役に立つモノ』はNo.2以下は生き残れないので(必要ないので)、とっとと『意味があるモノ』を目指した方がいいんじゃねぇの?」という話ですね。

僕がテレビから軸足を抜いた25歳の時

2020年08月09日

西野亮廣エンタメ研究所 無料公開記事 いろんな書籍やインタビューで語らせていただいていますが、僕がテレビから軸足を抜いた25歳の時(当時25歳)に受けた衝撃はとても大きくて、あの日の判断が今日に至ります。 あれは「テレビが用意してくれた競争に参加してもNo.1にはなれない」という現実を受け入れた日で、「では、どうすればエンタメの世界でNo.1になれるのか?」を本当の意味で初めて考えた日でもありました。

img

img

週に1度、無料公開された内容をまとめて
メルマガでお届けします
詳細はこちら img

img

おすすめの本

img

Copyright© Salon-free , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.